G Suite認証

この操作には「管理者」権限が必要です

エンタープライズでは、Googleが提供する「G Suite」と連携してアカウント管理を行うことができます。

G Suite認証を有効にする

  1. ご利用中のエンタープライズでG Suite認証を有効にするには、まずエンタープライズ管理画面の右上にある「設定」を開きます。
23742374
  1. エンタープライズの設定画面に遷移後、左にある「認証」を開きます。
23822382
  1. G Suite認証設定画面が表示されますので、注意事項をよく読んでから、「G Suite認証を有効にする」ボタンをクリックしてください。
23482348
  1. 「G Suite認証を有効にする」ボタンをクリックすると、Googleアカウントの認証画面に遷移します。

G Suiteアカウントを選択、またはまだログインが済んでいない場合はまずログインを行ってください。

G Suiteアカウントによる認証が完了すると、エンタープライズのG Suite連携が有効になります。またエンタープライズ内のメンバーに対してG Suite連携が有効になったことが、メールにて一斉送信されます。

以下の通り、エンタープライズ管理画面上においても、G Suite連携が有効になったことを確認することができます。

23382338

📘

G Suite 認証有効化後の移行期間について

G Suite 認証を有効化してから14日間は移行期間としてパスワードによる認証でもサービスをご利用いただけます。ただしその期間内であっても、G Suiteによる認証情報の連携を行ったユーザーはパスワード認証が無効化され、G Suite SSOが優先されます。

この後は、引き続き以下の「DeployGateアカウントをG Suite認証させる」を行ってください。

DeployGateアカウントをG Suite認証させる

  1. エンタープライズでG Suite認証が有効になると、有効になったということがエンタープライズ内のメンバーにメールにて知らされます。

そのメール内に、DeployGateアカウントのG Suite認証を有効にするページのURLが記載されています。

また、既にDeployGateへログインしているユーザーにも、G Suite認証が有効になったということがわかるように、ダッシュボードの最上部にメッセージが表示されるようになります。そちらからもG Suite認証を有効にするページへと遷移することができます。

23642364
  1. G Suite認証を有効にするページで、DeployGateアカウントのG Suite認証を有効にすることができます。
    注意事項をよく読んでから、「G Suiteアカウントで認証する」ボタンをクリックしてください。
15721572
  1. G Suiteアカウントによる認証を行うと、DeployGateアカウントのG Suite認証が有効になります。

また、メンバー情報の確認にて、アカウントごとにG Suite認証が有効かどうかを確認することができます。

17201720