メインコンテンツまでスキップ

user_restriction

DeployGate SDKは、配布アプリを利用しているのがどのユーザーであるのか特定することができます。これによって、アプリをインストールすることが可能なユーザーへ最新版の通知を行うことができます。

またテスト版のアプリは、配布対象を限られたユーザーに制限したい場合がしばしばあります。

DeployGate SDKでは、現在のユーザがアプリを利用する権利のあるユーザーかどうか、すなわち現在のユーザーの利用可能なアプリ一覧にこのアプリが入っているかを確認するための方法を提供しています。

利用方法

Custom URL Scheme を登録する

DeployGate内のアプリページからカスタム URL スキームを取得してください。

Crash activity

プロジェクトをXcodeで開いて、 TARGETS > Info > URL Types に取得したカスタム URL スキームを登録してください。

Crash activity

SDK のユーザー認証機能を有効にする

AppDelegate クラスを開いて、 SDK 組み込み時に追加した launchApplicationWithAuthoruserInfomationEnabled オプションを追加します。

DeployGateSDK
.sharedInstance()
.launchApplication(withAuthor: "<app owner name>", key: "<target_application_api_key>", userInfomationEnabled: true)
[[DeployGateSDK sharedInstance] launchApplicationWithAuthor:@"<app owner name>" key:@"<target_application_api_key>" userInfomationEnabled:YES];

<target_application_api_key> にはアプリ固有の API キーを設定してください。Web のアプリ詳細画面から取得できます。

SDKへユーザー情報を渡す

受け取ったユーザ情報をSDKが利用できるよう、 AppDelegate の application:openURL:sourceApplication:annotation: へ次の一行を追加します。

func application(_ application: UIApplication, open url: URL, sourceApplication: String?, annotation: Any) -> Bool {
return DeployGateSDK.sharedInstance().handleOpen(url as URL!, sourceApplication: sourceApplication, annotation: annotation)
}
- (BOOL)application:(UIApplication *)application openURL:(NSURL *)url sourceApplication:(NSString *)sourceApplication annotation:(id)annotation {
return [[DeployGateSDK sharedInstance] handleOpenUrl:url sourceApplication:sourceApplication annotation:annotation];
}

設定完了!

これで、アプリ起動時にSDKが更新の有無を確認します。また、userAuthorizationWithCompletionHandler: でユーザーが利用権限を持つかチェックできるようになりました。