APIバージョン

バージョン1となります。バージョン1ではレスポンス形式の完全な保証は行っておらず、エンドポイントごとのリクエストパラメータ及び結果の保証のみ行っています。

レスポンス形式の保証については将来対応予定です。