The DeployGate Developer Hub

DeployGateデベロッパーハブへようこそ。このサイトではDeployGateを素早くご利用いただけるよう、網羅的なドキュメントとガイドを参照いただけます。

Get Started

Android SDK

DeployGateはAPKファイルをアップロードすればそのままアプリを配信できますが、SDKを組み込むことでアプリの開発をよりスムーズにすることができます。

DeployGate SDK自体はAndroid 2.1以上でご利用いただけますが、一部の機能はAndroid 4.0以上対応のDeployGate 1.7.0以降で配信されている場合のみご利用いただけます。

SDKのインストール(Android Studio/Gradle)

  1. アプリモジュールの build.gradle ファイル (例: app/build.gradle) に以下を記述します。
dependencies {
    implementation 'com.deploygate:sdk:4.1.0'
}
dependencies {
    implementation("com.deploygate:sdk:4.1.0")
}

📘

アプリのtargetSdkVersionが30以上の場合

Android 11以上の端末ではSDKがDeployGateのサービスへ接続するために、 パッケージのクエリを行えるようにする 必要があります。このため、 AndroidManifest.xml に以下の記述を追加してください。

<queries>
    <package android:name="com.deploygate" />
</queries>
  1. Android Studio の場合は、 Sync Project With Gradle Files をクリックして編集内容を反映させます。
  1. アプリをビルドして DeployGate で配信すると、アプリの起動やクラッシュレポートを DeployGate 上で確認できるようになります。

👍

ビルドとアップロードはGradle DeployGate Pluginを使うと簡単です

Gradleプラグイン をご利用いただくと uploadDeployGateDebug タスクを実行するだけでビルドとアップロードを1ステップで行えます

🚧

SDKはDeployGateで配信されていないビルドでは動作しません

DeployGate SDKは、DeployGateアプリと連携しサービス上から配信されているビルドでのみ動作します。開発環境に直接接続されているエミュレータや実機にインストールした場合には動作しないようになっています。

Updated about a year ago

Android SDK


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.