新しいiOS端末の登録 (iOSのAd Hoc配布時)

add-devices コマンド

ご自身やアプリのテスターがDeployGateに新しいiOS端末を追加すると、DeployGateから新しいUDIDをProvisioning Profileへ追加するよう通知が届きます。

端末の追加は、ターミナルで dg add-devices を実行するだけで行えます。

dg add-devices

実行すると、自動的に登録待ちのUDID一覧を取得し、Apple Developerで登録を行い、Provisioning Profileを更新し、プロジェクトを再ビルドしたのち新しいアプリをDeployGateへアップロードします。

任意のiOS端末のUDIDを登録をする

--udid オプションを使うと、任意のiOS端末のUDIDを追加することができます。
iOS端末のApple Developerへの登録が終わると、Provisioning Profileの更新、プロジェクトの再ビルド、DeployGateへのアップロードが行われます。

dg add-devices --udid xxxx

また、 --device-name オプションでApple Developerへの登録時のiOS端末の名前を決めることができます。

dg add-devices --udid xxxx --device-name 'new ios device'

新しいiOS端末が追加されたら自動でUDIDの登録をする

--server オプションを使うと、アプリや配布ページに新しいiOS端末が追加されたタイミングに自動でiOS端末のUDIDをApple Developerに登録するサーバーが起動されます。

dg add-devices --server

Apple Developerへの登録が終わると、自動でProvisioning Profileの更新、プロジェクトの再ビルド、DeployGateへのアップロードが行われるので、新しく登録されたiOS端末にてすぐにアプリのインストールが行えるようになります。
サーバーの終了は Ctrl-c で行えます。

--distribution-key オプションを使い配布ページのハッシュを指定すると、対象の配布ページに新しいiOS端末が登録されたタイミング(新しくユーザーが対象の配布ページにてテストを始めたタイミング)でiOS端末のUDID登録が行われるようになります。

dg add-devices --server --distribution-key xxxx

add-devices コマンドのオプション一覧

add-devices コマンドでは以下のオプションが使えます。

オプション

説明

user

再ビルド後のアップロード先のユーザー名もしくはグループ名

udid

任意のiOS端末のUDID

device-name

Apple DeveloperへのUDID登録時のデバイス名

distribution-key

server オプション使用時に配布ページのハッシュ (配布ページURLの /distributions/xxxx の xxxx 部分) を指定すると、その配布ページに新しいiOS端末が登録された時に自動でUDIDの登録を行います

server

アプリに新しいiOS端末が登録された時に自動でUDIDの登録をするサーバーを起動します

configuration

ビルドするBuild Configurationを設定します

使用例

dg add-devices --udid xxxx --device-name 'new ios device'
dg add-devices --server --distribution-key xxxx