fastlaneでアップロード

アプリのビルドに fastlane を使っている場合、 deploygate アクションでアプリをアップロードすることができます。

deploygate(
  api_token: 'API Key', # Alternatively, environment variable DEPLOYGATE_API_TOKEN can be specified
  user: 'Username OR Organization Name', # Alternatively, environment variable DEPLOYGATE_USER can be specified
  message: "Fastlane build #{lane_context[SharedValues::BUILD_NUMBER]}",
)
deploygate(
  api_token: 'API Key', # もしくは環境変数 DEPLOYGATE_API_TOKEN にて設定可能
  user: 'ユーザー名もしくはグループ名', # もしくは環境変数 DEPLOYGATE_USER にて設定可能
  message: "Fastlane build #{lane_context[SharedValues::BUILD_NUMBER]}",
)

上記のように deploygate アクションをFastfileに追記すると、

fastlane deploygate

でアプリをアップロードできます。

deploygate アクションのオプション

以下の値をアクションの引数、もしくは環境変数で設定できます。

引数

環境変数

説明

api_token

DEPLOYGATE_API_TOKEN

ユーザーもしくはグループのAPI Key

user

DEPLOYGATE_USER

アプリ所有者のユーザー名もしくはグループ名

ipa

DEPLOYGATE_IPA_PATH

IPAファイルへのパス。gymxcodebuildアクションを使っている場合は自動で設定されます。

apk

DEPLOYGATE_APK_PATH

APKファイルへのパス。gradleを使っている場合は自動で設定されます。

message

DEPLOYGATE_MESSAGE

ビルドの説明メッセージ

distribution_key

DEPLOYGATE_DISTRIBUTION_KEY

配布ページのURL末尾のハッシュを設定すると、その配布ページも同時に更新されます

release_note

DEPLOYGATE_RELEASE_NOTE

更新する配布ページ用の説明メッセージ

disable_notify

DEPLOYGATE_DISABLE_NOTIFY

(iOSのみ) trueを設定するとアップロード時のメール通知を無効にします。デフォルトはfalse

📘

deploygateアクションについて

詳しくはFastlaneのドキュメントをご参照ください。

https://docs.fastlane.tools/actions/deploygate/#deploygate