バージョン履歴

DeployGate SDK for Android

4.3.0+ のリリースノートはこちらからご覧ください。

4.3.0 (2020-10-10)

:link: Bintray

  • ターゲットSDKバージョン 30 に対応しました

4.2.0 (2020-05-16)

:link: Bintray

  • DeployGate Androidクライアント1.7.0以上で利用できる次の属性が正常に取得出来るよう修正
    • hasUpdate()
    • getUpdateRevision()
    • getUpdateVersionCode()
    • getUpdateVersionName()

4.1.0 (2018-05-08)

:link: Bintray

  • DeployGate Android クライアント 1.7.3 以上から次の機能が有効になりました
    • カスタム例外のクラッシュレポートの送信

4.0.0 (2017-08-15)

:link: Bintray

  • Application#onCreateDeployGate.install(this) を呼ぶ必要がなくなりました
  • DeployGate Androidクライアント1.7.0以上で利用できる以下のような新しい属性に対応
    • getDeployGateVersionCode()
    • getCurrentRevision()
    • hasUpdate() (※ バグにより利用出来ないことが後日確認出来ました。4.2.0 で修正済です)
    • getUpdateRevision() (※ バグにより利用出来ないことが後日確認出来ました。4.2.0 で修正済です)
    • getUpdateVersionCode() (※ バグにより利用出来ないことが後日確認出来ました。4.2.0 で修正済です)
    • getUpdateVersionName() (※ バグにより利用出来ないことが後日確認出来ました。4.2.0 で修正済です)
    • getUpdateMessage()
    • installUpdate()
    • getDistributionId()
    • getDistributionUrl()
    • getDistributionTitle()
    • openComments()
    • composeComment(String)

3.1.1 (2015-11-25)

:link: Maven Repository

  • 改善点
    • SDKからDeployGateアプリへログを送信する際失敗してもクラッシュしないように修正 (#6)
    • DeployGate.install(Application, String, DeployGateCallback) の author 引数が無視されてしまう問題を修正 (#5)
    • DeployGate がない場合に onInitialized(false) コールバックが2回呼ばれてしまう問題を修正 (#4)

3.1 (2014-01-24)

:link: Maven Repository

  • 以前のバージョンからの置き換え手順
    • 新しいバージョンのjarと入れ替えるだけで完了です。インタフェースに変更はありません。
  • 新しい機能
    • 任意の時点で LogCat を送信できる DeployGate.requestLogCat() が追加されました

r2 (2012-09-13)

:arrow-down: ダウンロード

  • 以前のバージョンからの置き換え手順
    • 新しいバージョンのjarと入れ替えるだけで完了です。インタフェースに変更はありません。
  • 新しい機能
    • アプリの配布者を特定できます。配布者のユーザー名をDeployGate#install()にセットすることで、他のユーザがそのアプリを配布しても DeployGate#isAuthorized() は false を返すようになります。他に、DeployGate#getAuthorUsername()を使って、一般的には onInitialized() コールバック中で、手動で扱うこともできます。この機能はDeployGate クライアント v1.1.0 以降で有効となります。

r1 (2012-09-10)

:arrow-down: ダウンロード

  • 最初のリリース