組織を管理する: DeployGate Enterprise

DeployGate Enterpriseを使うと、複数のグループと所属ユーザーを一括で管理できます

DeployGate Enterpriseは、企業組織におけるユーザーおよびグループ管理機能を強化した、 グループ の上位サービスです。企業におけるサービス開発に臨機応変に活用いただくため、グループやアプリケーション数の制限なくご利用いただけるようになっています。以下のような特徴があります。

  • DeployGateの強力な配布機能はそのままに、組織管理機能を強化
  • 複数の管理ユーザーを設定でき、機能単位で権限を付与可能
  • グループの所属メンバーをエンタープライズ内ユーザーのみに限定
  • 複数のグループにまたがるユーザー管理を一括で行えるエンタープライズコンソール
  • グループを超えてメンバーをアサインして利用可能な「共有チーム」を作成可能

エンタープライズの活用 もご覧ください。

エンタープライズの要素

エンタープライズには以下の要素が含まれます。

要素

説明

エンタープライズメンバー

エンタープライズで管理するユーザーアカウント。
エンタープライズの管理権限を与えることができるほか、複数のグループに所属した上でグループごとに別の権限を与えることができます。
エンタープライズの管理権限を持つメンバーだけが、エンタープライズ管理画面にアクセスでき、それ以外のメンバーは自身の所属グループにのみアクセスできます。

グループ

複数のユーザーとアプリをまとめて管理します。
開発プロジェクト単位や部署単位で作成し、必要なメンバーを追加します。アプリは所属するメンバーが管理します。

共有チーム

エンタープライズ内に存在するグループ間で共通利用できるチーム。
組織内のQAメンバーやテスターユーザーを一括で管理することで、必要に応じてグループ側から利用できるようになります。

また、それぞれのグループの中には以下の要素が含まれます。

要素

説明

グループメンバー

グループに所属するユーザー。
エンタープライズメンバーの中から追加し、チームに追加することでアプリにアクセスできるようになります。

アプリ

グループ内で管理されるアプリ。
アプリは、それぞれのグループの管理者や開発者権限を持つチームのメンバーがアップロードします。
チームと紐付けることで、他のメンバーがアクセスできるようになります。

チーム

グループ内の複数のメンバーが所属する単位。
グループ内に複数作成でき、それぞれのアプリと紐付けることでアクセス権を付与します。

エンタープライズ内のグループは、通常のグループと以下の点が異なります。

  • エンタープライズ外のメンバーは追加できません
  • 通常のチームに加えて、エンタープライズ内の共有チームを追加できます
  • メンバー数、アプリ数、チーム数の上限がありません

エンタープライズの作成

エンタープライズのご利用を希望される方は、 https://deploygate.com/enterprise のフォームよりお問い合わせください。45日間無料でご利用いただけるトライアルアカウントを発行させていただきます。

エンタープライズ管理画面へのアクセス

エンタープライズに所属するユーザーアカウントでDeployGateにログインすると、ダッシュボードのユーザーアイコンの下に所属しているエンタープライズのアイコンが表示されます。

エンタープライズ管理画面にアクセスする権限がある場合、このアイコンをクリックすることでアクセスすることができます。

また、ユーザーメニューの中に表示されるエンタープライズ名のメニューからもアクセスすることができます。