メンバーの権限

エンタープライズのメンバーにはそれぞれ権限が設定されます。権限を設定する対象として、エンタープライズとグループの2段階があり、それぞれ独立した権限が設定できます。

権限の設定対象

概要

エンタープライズ

エンタープライズ内の操作に対応する権限。
グループの追加・削除や、ユーザー操作など。

グループ

各グループ内での操作に対する権限。
アプリのアップロード、チームの作成など。

エンタープライズの権限

エンタープライズの権限は、エンタープライズの所属ユーザーおよびグループに対する操作に適用されます。

権限の種類

エンタープライズで設定できるユーザー権限には以下の種類があり、個々のメンバーに対して個別に設定可能です。

  • ユーザーの追加/招待: エンタープライズに新しいユーザーを追加することができます
  • ユーザーの削除: エンタープライズからユーザーを削除することができます
  • ユーザーの権限変更: 他のユーザーの権限を、自分の持つ権限の範囲内で変更することができます
  • グループの作成: エンタープライズに新しいグループを追加することができます。またグループのメンバーの追加・削除ができます
  • グループの削除: エンタープライズ内に存在するグループの削除ができます
  • 全グループの閲覧: 自分が所属していないグループの存在を見ることができます。この権限がない場合、自分の所属するグループ以外のグループの存在が見えません

自分自身の権限を変更することはできません。変更する場合は、他のユーザーに管理権限を付与した上で変更してもらう必要があります。

エンタープライズ管理画面へのアクセス

エンタープライズのいずれかの権限を持つユーザーはエンタープライズ管理画面にアクセスできます。権限をひとつも持たないユーザー(一般ユーザー)はエンタープライズ管理画面にアクセスすることはできません。

プリセット権限

よく使われる設定の組み合わせとして「管理者」「マネージャ」「一般ユーザー」の3段階を用意しています。これら以外の組み合わせは「カスタム」として表示されます。

権限

管理者

マネージャー

一般ユーザー

ユーザーの追加/招待

ユーザーの削除

ユーザーの権限変更

グループの作成

グループの削除

全グループの閲覧

  • 管理者は、すべてのグループを見ることができ、エンタープライズに対するすべての操作が可能です
  • マネージャは、自分の所属するグループに関する操作と、エンタープライズに対する新規ユーザーの追加が可能で、開発リーダーなど、プロジェクトを管理するユーザーに適した設定の組み合わせになっています
  • 一般ユーザーは、現場のメンバーやテスターなど、管理操作をする必要の無い通常の利用者です

権限の設定

メンバーの権限設定は メンバー情報の確認 より行います。権限を変更するためには、「ユーザーの権限変更」権限が必要です。

  • プリセットの権限への変更は、メンバー一覧の右にあるドロップダウンからも行えます

グループの権限

グループの権限は、新しいアプリのアップロードやチームの構成変更など、グループ内の要素に対する操作に対応する権限で、ユーザー単位ではなく グループ内のチームに対して設定されます。

通常はそれぞれのグループの管理者が設定を行い、例えば「既存アプリの開発者チームに参加しつつ、新規アプリの社内テストチームに参加」というようなアプリごとの柔軟な権限設定がそれぞれのグループ内で完結できるようになっています。

グループメンバーのチームの所属はエンタープライズ管理画面に反映されません。 ただし、グループ内のオーナーチーム(管理者)に所属しているユーザーは、エンタープライズ管理画面のグループメンバー一覧で「オーナー」と表示されます。

権限の種類

グループのチームに設定できる権限には以下の3種類があります。

  • 管理者: グループ内のアプリやチームに対するすべての操作が可能です。新しいアプリをアップロードしたり、チームを作りメンバーを追加・削除することができます。グループ内のすべてのアプリにアクセス可能です。
  • 開発者: チームに関連する既存のアプリに対する更新操作が可能です。新しいアプリをアップロードしたり、チームを修正することはできません。
  • テスター: チームに関連する既存のアプリのダウンロードのみが可能です。

グループにおけるチームの説明や、操作方法については グループ ご参照ください。

グループへのアクセス

グループ内の情報は、エンタープライズ管理画面で明示的にグループに追加されたメンバーが、それぞれの所属するチームの権限でアクセスできます。

エンタープライズの管理者であっても、グループ内のアプリやチームにアクセスするには、一度自身をグループに追加(必要に応じてオーナーチームにも追加)する必要があります。