アプリの追加

アプリの新規追加は、オーナー/管理者チームのメンバーのみ可能です

グループに新しいアプリをアップロードする

作成したグループに対してアプリをアップロードするには、Webブラウザ、dgコマンド、APIの3つの方法が利用できます。

Webブラウザでアップロード

グループダッシュボードからアップロード

Webブラウザでグループにアプリを追加するには、グループダッシュボードにある「アップロード」ボタンを押します。

ボタンを押すとファイル選択ダイアログが開きます。 APK ファイルもしくは IPA ファイルを選択するとグループにアプリがアップロードされ、アプリの管理画面が開きます。必要に応じて後述のアプリのアクセス権の設定を行ってください。

🚧

アップロードボタンが表示されない場合

次の場合はアプリのアップロードボタンは表示されません

  • 自身がオーナー/管理者でない場合
  • アプリの数がご契約プランの上限数に達している場合
  • グループの試用期限が終了している場合

個人ダッシュボードからアップロード

ログインしてすぐに表示されるダッシュボードからもグループへ直接アプリをアップロードすることが可能です。
ダッシュボードの左下に表示されている緑の「アップロード」をクリックいただくか、直接対象のアプリをドラッグ・アンド・ドロップしていただけます。

以下のポップアップ画面が表示されたら、アップロードしたい対象を選択してください。
デフォルトの設定では、個人アカウントへのアップロードとなっております。
アップロードしたいグループをアップロード先として選択してください。

dgコマンドでアップロード

グループに対して dg deploy コマンドを使用してアップロードする場合は、グループ名を --user 引数で指定します。

dg deploy --user OurOrganization

dg コマンドの詳細は アプリのビルドとアップロード をご覧ください。

APIでアップロード

アップロードAPI を用いてグループにアップロードする場合、グループ名をパスの中で指定します。

curl -X POST \
    -F "token=XXXXX" \
    -F "[email protected]" \
    https://deploygate.com/users/OurOrganization/apps

その他のオプションの詳細はAPIリファレンスの アプリのアップロード をご覧ください。

📘

アプリの更新も同じコマンドおよびAPIのエンドポイントでアップロードできます

アップロード直後のアプリのアクセス権の設定

新しいアプリをアップロードした直後は、 オーナー チームに所属しているユーザーのみがアプリを見ることができる状態です。それ以外のチームから参照できるようにするためには、チームとアプリを関連付ける必要があります。

ブラウザでアプリの管理画面を開き、画面右側にある「チーム」でこのアプリにアクセス可能なチームを選択して追加します。